頭皮の炎症がはげの原因?女性の薄毛をどうにかしたい

頭皮の炎症がはげの原因?女性の薄毛をどうにかしたい

最近育毛剤の効かない頭皮が急増しているといわれており、そのはげの原因が頭皮の炎症だとされています。
特に女性の薄毛の原因として、このタイプが急増しています。

 

このとき頭皮ではどのようなことが起こっているのかというと、地肌自体が弱まり通常なら抑制できる常在菌の繁殖にも対応しきれなくなってしまい、その結果菌が異常増殖することで頭皮が炎症を起こし、毛の成長が妨げられて抜け毛や薄毛になっているのです。

 

このはげの兆候をチェックするために次のことに注意しましょう。

 

1.皮脂が粘つく、2.地肌が赤くなりかゆみやフケが出てきた、3.脂漏性湿疹になっている、4.地肌にテカリがある、5.頭や髪から嫌なニオイがする、などです。こうした症状が見られた場合には、育毛方法などを変えてみる必要があります。

 

また、育毛シャンプーなどで毎日過剰な皮脂を取り除いているにも関わらず、地肌がベタついたり嫌なニオイが消えないなどの炎症が続く場合には、医療機関などで常在菌のチェックをしてもらい、必要ならば医師の診断に従うことがこれ以上の薄毛を防ぐためにも必要です。
女性のはげを自己ケアで治す場合には、現在使用している育毛剤や育毛シャンプーが効果が無いと感じたら、思い切ってより効果的な成分が配合されているものに切り替えてみましょう。

 

女性の薄毛は、男性に多いAGA(男性型脱毛症)とは原因が異なるため、女性専用のものを使用することが大切です。
女性の頭皮は男性と比べてデリケートであるため天然成分のものが良く、また副作用がなく高い育毛効果のある成分を配合している育毛剤を選ぶことが重要です。