ハーブガーデンシャンプーの成分解析。本当にボタニカルか調べてみた。

ハーブガーデンシャンプーの成分解析。本当にボタニカルか調べてみた。

 

天然由来100%で作られ、髪だけでなく頭皮にも良いとされる、ハーブガーデンシャンプー。実際にボタニカルなのか、その成分を細かく解析します。

 

ボタニカルとは、植物の力を積極的に取り入れるという処方の事です。
ハーブガーデンシャンプーは、その点でとてもこだわって作られています。
ベースとなる水も、オーガニックハーブウォーターを使用し、香料も天然のアロマ精油、更に防腐剤も天然の植物エキスを使用。これだけでも、ボタニカルである事がわかります。

 

そして、ハーブガーデンシャンプーは、ミネラルの豊富なオーガニックハーブを使用しています。
かゆみを抑えるよもぎ、髪や地肌を健やかに育てるカモミールとローリエ、他にミントやバジル、スギナといった、ミネラルが豊富な植物を配合しています。

 

ハーブガーデンシャンプーの成分を解析すると納得できるのが、ボタニカルに最も力を入れているという事。
15種類ものオーガニック成分と植物エキスによって、洗うだけで美髪を実現させます。
例えば、モンゴンゴという木の実と保水力がヒアルロン酸以上と言われるシロキクラゲエキス、これらはエコサートの認定を受けている物です。
保水力に優れているバオバブ種子も、USADAに認定されている、どれも信頼の置けるボタニカルです。

 

他にも、頭皮ケアを考えた40種類の植物エキスを配合し、更にボタニカル成分を増大させるキレート効果もあります。
成分を解析すると、ハーブガーデンシャンプーは、本当に優秀なボタニカルシャンプーだと実感できます。